ブルース・ホーンズビー『ホット・ハウス』
スポンサーリンク

ブルース・ホーンズビー(Bruce Hornsby)の『ホット・ハウス(HOT HOUSE)』です。
明るくて楽しくてグルービーな極上のミュージックが奏でられているアルバムです。
楽曲も佳曲ぞろいで、飽きることなく聴くことができます。
いわゆるシティー派のAORといわれる音楽とは一線を画しますが、これもまた大人のためのロックという感じです。

どんな音楽かは、アルバムのジャケットデザインが体現しています。
バンジョーが入ったり、ドラムがフォービートを刻んだりとR&Bやジャズ、カントリー、フォークといったアメリカンミュージックのエッセンスがロックという音楽をベースに絶妙に融合しています。
参加ミュージシャンも豪華でバンジョーの天才といわれるベラ・フレックやチャカ・カーンやパット・メセニー、グレイトフル・デッドの中心メンバーのジェリー・ガルシアなどが参加しています。

ブルース・ホーンズビーといえば、日本ではザ・レインジというグループ時代のヒット曲『ザ・ウェイ・イット・イズ』ぐらいしか知られていませんが、アメリカではコンポーザーとしても、ミュージシャン(ピアニスト)としても非常に評価の高い人です。
バークリー音楽院を卒業し、苦労のさなかにあるときにウインダム・ヒルからピアニストとしてデビューしないかという話もあったとか。

「本当にいい、音楽っていうのはたぶんこうしたものをいうんだろうな」と思わせるようなアルバムです。
もっと、いろんな人に聞いてほしいと思うアルバムですが、まあ、日本じゃあまりウケないだろうなあ…。

[Track Listings]
1. Spider Fingers
2. White Wheeled Limousine
3. Walk In The Sun
4. The Changes
5. The Tango King
6. Big Rumble
7. Country Doctor
8. The Longest Night
9. Hot House Ball
10. Swing Street
11. Cruise Control

スポンサーリンク
おすすめの記事