ピンク・フロイド『原子心母』
スポンサーリンク

今年は丑(ウシ)年ということで、今年の最初を飾るのはやはりピンク・フロイドの『原子心母』(Atom Heart Mother)でしょう。
写真は高校生の頃に買ったレコードです。
最初にレコードに針を落としたときには、正直、ガックシと肩を落としました。
高校生とっては大金の、大枚2,500円もはたいたのに聞こえてきたのはトランペットやホルンのクラシック風のファンファーレです。
オレはロックのレコードを買ったつもりなのに「何じゃ、これは」という感じでした。

しかし、最初の一曲目を聴き進むうちに、ロックという様式? の中にクラシックのようなコーラスや馬の鳴き声やらオートバイが発進する音まで入った大作主義的な仰々しい構成と凝った録音に「ん~、これがプログレッシブロックというものか」などと妙に感心したものです。
実のところ、ロックというよりはクラシックの現代音楽というところに一番近いのかもしれません。
実際、オーケストラ・アレンジはメンバーのロジャー・ウォーターズのゴルフ仲間の現代音楽家がを行っています。

いずれにしても大作であることには間違いのないところです。
なにせA面には23分44秒の『原子心母』という1曲しか入ってありません。
原題の『Atom Heart Mother』というタイトルは心臓にペースメーカーを埋め込んで、生きながらえている妊婦のことを書いた英国の新聞「ザ・タイムズ」紙の見出しから取られました。
ピンク・フロイドの楽曲は普段よく聴きますがこの『原子心母』に関しては数年に1回ぐらいしか聴きません。
彼らのアルバムの中でも非常に評価の高い名作といわれるアルバムなのは知ってますが、すべての人に薦められる作品でないことは確かです…。
しかしロックが好きななら、教養としてでも押さえていて欲しい作品です。
ちなみ邦題の『原子心母』は「Atom(原子) Heart(心) Mother(母)」という英語のタイトルをそのまま日本語に訳したもので洋楽アルバム邦題の名作といわれています。

トラックリスト

  1. Atom Heart Mother (Father's Shout / Breast Milky / Mother Fore / Funky Dung / MindYour Throats Please / Remergence)
  2. If
  3. Summer '68
  4. Fat Old Sun
  5. Alan's Psychedelic Breakfast (Rise and Shine / Sunny Side Up / Morning Glory)

パーソネル

pink floyd

  • Roger Waters – bass guitar, acoustic guitar and vocals on "If", tape effects, tape collages
  • David Gilmour – guitars, vocals, bass and drums on "Fat Old Sun"[71]
  • Rick Wright – keyboards, vocals on "Summer '68"
  • Nick Mason – drums, percussion, engineering on "Alan's Psychedelic Breakfast"

スポンサーリンク
おすすめの記事