ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビー』を聴く
スポンサーリンク

ビル・エヴァンス(Bill Evans)の『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』である。
音楽におけるリリカル(叙情的)という形容詞の意味を初めて教えてもらったのは、このアルバムだった。
世の中にはたくさんの美しくてロマンチックな歌や曲があるが、これは本当に恐ろしく美しくてロマンチックなアルバムだ。
このアルバムは1961年にニューヨークにあるヴィレッジ・ヴァンガードで2週間ほど行われたライブのできがよく、急遽、最終日の6月25日の日曜に録音された。

当日は、昼に2セット、夜に5セット行われ録音されたのだが、当時はまだ、客を呼べるトリオではなかったため、6~7割ほどしか客が入らずそのほとんどが友人や知人だったという。
そのせいか、このアルバムでは観客にちゃんと音楽を聴こうという意識が薄く、おしゃべりやしわぶき、グラスや皿の音が聞こえる。
ちゃんとしたステレオなら地下鉄の音まで拾われているのがわかるという。
でもこれはこれで、当時のニューヨークのジャズクラブの雰囲気が伝わって結果オーライだったと思う。
最初の「My Foolish Heart」というロマンチックでスローな曲は、1949年の映画「愚かなり我が心(まんまのタイトルですね)」のサントラ。
2曲目のエヴァンスが当時2歳だった姪のために書いたという『Waltz For Debby』は、静かなワルツで始まるが途中からグルーブしたフォービートに変わる美しい曲だ。
最後の「Milestones」は、エヴァンスとも競演したことのあるマイルス・デイヴィスの代表曲のカバー。

メンバーはピアノがビル・エヴァンス、ベースはスコット・ラファロ、ドラムがポール・モチアン。
このトリオは、ピアニストーがリーダーでドラム、ベースは脇を固めるといった従来のスタイルに対し、各々が対等にアドリブを主張し音楽を紡ぎあげていくインタープレイというスタイルをつくり、以降のジャズやピアノトリオに大きな影響を与えた。
そして、このライブの11日後に、ベーシストのスコット・ラファロは交通事故で亡くなる。
レコード会社のリバーサイドは、急遽、その追悼版としてラファロのベースプレイが目立つテイクを選び『Sunday at the Village Vanguard』を発売。

この『Waltz For Debby』はプロデューサーのオリン・キープニュースが、残ったテイクから選曲しつくられた。
だから6月25日、日曜にヴィレッジ・ヴァンガードで録音された音源は2枚のアルバムに分けて収録されることになった。
スコット・ラファロを失ったエバンスはなかなか、その悲しみから立ち直ることができなかった。

トラックリスト

  1. マイ・フーリッシュ・ハート - My Foolish Heart(Ned Washington, Victor Young)
  2. ワルツ・フォー・デビイ(テイク2) - Waltz for Debby (Take 2) (Bill Evans)
  3. デトゥアー・アヘッド(テイク2) - Detour Ahead (Take 2) (Herb Ellis, John Frigo, Lou Carter)
  4. マイ・ロマンス(テイク1) - My Romance (Take 1) (Lorenz Hart, Richard Rodgers)
  5. サム・アザー・タイム - Some Other Time(Leonard Bernstein, Adolph Green, Betty Comden)
  6. マイルストーンズ - Milestones(Miles Davis)
  7. リリース:1961年

スポンサーリンク
おすすめの記事