ツアーポスター

山形県民会館で山下達郎ライブを観ました。
けっこう、ネタバレもあるので、これから彼のライブを観にいく人は見んといてや~
会場は山形県民会館で18時30分開演。
客席はほぼ満員。
見渡すと、やはり三十代後半から五十代の男女が多いような気がします。
中には六十歳代半ばのぐらいのご夫人の姿もチラホラ。
自分の席はミキサー卓のある会場中央のやや後方。
ステージにいるミュージシャンの顔まではちゃんと見えませんが、音響はバッチリのところです。

新作のジャケットデザイン:山下達郎ライブ「Performance 2011-2012」

新作のジャケットデザイン

オープニングはサーフィン映画のサントラに使われた懐かしい『「Big Wave」のテーマ』。
まさか、これが1曲目とは。
意外な選曲だとは思うが、個人的にはとても好きな楽曲なので生で聴けるのがうれしい。
続いてイントロのテレキャスターのカッティングが印象的な『sparkle』。
彼の前回のツアーで観たときも思ったのだけど、ギター弾きとして感想を言うなら、この曲のイントロのカッティングってライブで聴くとCDで聴くよりも意外と跳ねていない感じなんですよねぇ。
毎年、クリスマスになると今なお売れている『クリスマス・イブ』以降のファンは山下達郎といえば冬のイメージらしいが、彼のこういう夏らしい楽曲で二十代前半を送った人間にとっては、やっぱり達郎は夏なのだ。
10歳ほど年下の知り合いが「達郎といえば冬のイメージですよね」と言ってるのを聞いたときにはビックリしました。
シュガー・ベイブ時代の曲も2曲ほどやったが『雨は手のひらにいっぱい』では、イントロの後の歌詞を間違えて「ゴメン!…」で、また、最初から歌いなおし。
でもツーテイク目では間奏の後の歌の入りを間違えたような気も…。
まぁ、それはそれでご愛嬌ということで。

ツアーポスター:山下達郎ライブ「Performance 2011-2012」

ツアーポスター

前回のツアーのときに観たときよりもMCが長い感じがしたが、シニカルで「こちとら、江戸っ子でぇ!」といった、とんがった感じは相変わらずです。
MCの途中、最前列にいるライブの常連が自分のコメントを先にしゃべってしまうのに御大は少々、イラッとしていた様子で「あんたねぇ、そうやって人が言うことを先にしゃべるのは失礼だよ」との発言。
「シャレですが」というフォローは入れていたけど、「まぁ、そりゃあ失礼だよね」と客の大半は思ったんじゃないでしょうか。
セットリストは新しいアルバムからの楽曲がやや多めの感じがしたが、古いものから新しいもの、ヒット曲を含めた満遍ないもので、古いファンから新しいファンまでみんなが満足できるような構成です。
ステージの演出は前回のツアー同様、芝居のセットのような大掛かりなもので隣で初めて彼のライブに来た人が「意外です」と言っていました。

終盤、お約束の『LET'S DANCE BABY』からのビートの効いた楽曲は客席は総立ち。
中でもオーラスのまえ『恋のブギウギトレイン』は盛り上がりました。
観客の中にはステップを踏んで踊っている人もチラホラ。
これはアン・ルイスに提供したダンサブルなナンバーで達郎が歌ったものは『joy』というライブアルバムに収められています。
達郎はリズムギターの名手としても有名ですが、見せ場は数分続いたテレキャスターのカッティング。
彼の初期から中期ぐらいによく聴き込んでいた自分にとっては、こういう16ビートのノリノリ(古いか)の楽曲が彼の真骨頂だと思う。
最後は前回でのツアー同様、達郎のアカペラによる『YOUR EYES』。
これも毎度のことですが、これを唄い終わって舞台の袖に帰るまで、ながながと客席に向かってお辞儀をしていた姿が印象的でした。

会場の山形県民会館:山下達郎ライブ「Performance 2011-2012」

会場の山形県民会館

ツアートラック:山下達郎ライブ「Performance 2011-2012」

ツアートラック

全体に前回のツアーの時よりもサウンドのまとまり感がありました。
特にドラムはグルーブ感が増した気がします。
達郎自身のパフォーマンスも、前回、観たときより声がよく出ていたように思います。
終わったのが、およそ22時頃。
「楽しかったなぁ…」充実の3時間半でした。
今回の収穫は『「Big Wave」のテーマ』、『ソリッド・スライダー』、『恋のブギウギトレイン』かな。
そうそう、メンバー紹介のときにベースの伊藤広規がジミ・ヘンの『パープル・ヘイズ』の頭をちょろっと弾いたのにはビックリ。

セットリスト

セットリストは他の方のブログを参考にしました(こういうの、よく、ちゃんと憶えてるよね。尊敬します)

  1. THE THEME FROM BIG WAVE
  2. SPRAKLE
  3. DONUT SONG
  4. 素敵な午後は
  5. 僕らの夏の夢
  6. プロポーズ
  7. SOLID SLIDER
  8. 俺の空
  9. 雨は手のひらにいっぱい
  10. バラ色の人生~ラヴィアンローズ
  11. DON’T ASK ME TO BE LONELY
  12. おやすみロージー
  13. 星に願いを
  14. クリスマスイヴ
  15. 希望という名の光(500Miles→友よ→蒼茫)
  16. さよなら夏の日
  17. 今日はなんだか
  18. LET’S DANCE BABY
  19. 高気圧ガール
  20. アトムの子
  21. 街物語
  22. RIDE ON TIME
  23. 恋のブギウギトレイン
  24. YOUR EYES

おすすめの記事