ピーター・バラカン’s LIVE MAGIC EXTRA IN YAMAGATA
スポンサーリンク

ラジオDJで音楽評論家のピーター・バラカン氏が監修する音楽ライブ『ピーター・バラカン's LIVE MAGIC EXTRA IN YAMAGATA』を観てきた。
出演アーティストはサニー・ランドレス、濱口祐自、ZabaDuo。
会場は山形市の南部にあるシベールアリーナ。
チケットはワンドリンク付きで4,000円。
開演は19時。

18時前に会社を出る。
外は雨。
結構、激しく降っている。
その中、会場まで車を走らせる。
18時半過ぎには会場のシベールアリーナに到着。
駐車場は三分の二ぐらい埋まっている。
シベールアリーナはお菓子のラスクで全国区になった洋菓子会社シベールの工場敷地にあるスポーツ施設(都市計画法の用途地域の問題でホールにできなかったような噂を聞いたことがある)だ。

会場の入り口を入るとエントランスでは物販を行っている。
今回のライブはワンドリンク付きということでウーロン茶、オレンジジュースとなぜかワインのいずれかを選ぶことができる。
当方はクルマなので、オレンジジュースを受け取り、会場の入り口付近で「何を売ってるのかな」と物販のコーナーを眺めながら飲んでいるとスタッフに混じってピーター・バラカン氏の姿を見つけ、ビックリ。
本人が、直接、物販しているとは…。
よほど、何か買おうかと思ったが、今回は遠慮してしまった。

会場に入るとオープニングアクトの山形のバンドの演奏が終わろうとしていた。
自分の席は前から7列目のほぼ中央辺り。
今回はいつも行くバーの常連さんたちと一緒なので周りは知り合いが多い。

開演時間になると照明が暗転して、ピーター・バラカン氏の挨拶があり濱口祐自の登場。
何とも、自由な関西のおもろい、おっちゃんという印象。
演奏はアコースティックギターでブルースから日本の唱歌、エリック・サティのジムノペディなども披露。
あまり、ブルースにこだわるとか、そうしたタイプのミュージシャンではなさそうだ。
オリジナルの楽曲では歌も聞かせたが、基本ギタリストなのかなと…。
テクニックや上手さを誇るという感じはないが味わいがある。
本人は和歌山の那智勝浦、出身ということなので大阪弁ではなく勝浦弁らしいのだが、早口で聞き取れないところもあったがしゃべりが面白い。
「これは名曲で…」、「今日は、キメなあかんのぅ!」、「キマッタ!かのう…」といった自画自賛トークが笑いを誘う。
後ろには12弦のギターも置いてあったが、このギターでのプレイを聴けなかったのは残念。

続いて、登場したのはZabaDuoというベースとパンデイロという珍しいコンビ。
パンデイロはブラジルのタンバリンのような楽器。
サンバやボサノバではよく使われる。
パンデイロというのは「なかなか唐突だなぁ」と思ったが、いったい、どんな感じになるのかチョットそそられる。
ベースのチャーリー・ウトンは完全にジャコ・パストリアスを意識している雰囲気がありあり。
ニットのキャップをかぶり胸元まで髪を伸ばしている。
ベースの背が高いという訳でもないのだが、パンデイロのラファ・ペレイラの背が低く、ちょっとした凸凹コンビといった様相。
パンデイロ、一つでいろんな音を出していたが、ドラムのバスドラのような低音が出ていたのには驚いた。
あれはPAやエフェクトなどの処理なのだろうか? それとも、本来、そうした低音が出せる楽器なのだろうか…?
ラスト近くでサニー・ランドレスのドラムを叩いたブライアン・ブリニャクも参加したが、音が被ってパンデイロの存在感がなくなったような気もする。

最後に登場したのがスライドギターの魔術師と言われるサニー・ランドレス。
バックはドラマーのブライアン・ブリニャク、ベースはZabaDuoのチャーリー・ウトンといったスリーピースのバンドとして登場。
1曲目は『Walkin' Blues』。
クロスロード伝説で有名なブルースの始祖、ロバート・ジョンソンの楽曲だ。
エリック・クラプトンもアンプラグドで取り上げているが、それとは違い軽快で疾走感があり全く別の曲になっている。
黒人ブルースのような泥臭さは、あまり感じられない。
ランドレスは田端義夫のようにエレキギターのストラップを短めにし胸元近くで抱え、歌いながら終始スライドギターを弾きまくっている。
その姿が妙に決まっていて、かっこいい。
変則チューニングのためか、曲ごとにストラトキャスター・タイプのギターを数本替えていたが、どれも新品のようにピカピカしていた。
全体的に同じ曲調で終始、スライドギターというプレイスタイルから、やや、単調な感じを受けたが「すごいなぁ!」と思わせる演奏だったのは間違いない。
聴かせるというより、ノリで弾きまくってますと言う感じ。
現在、スライドギターと言えばデレク・トラックスが思い浮かぶが、トラックスのほうが渋くブルージーな印象。
トークでジョニー・ウインターのことを話していたが、彼なんかと似ているかもしれない。
音もでかかったし…。
ジョニー・ウインターほど、とがった感じはないが…。
なんとなく、ジェフ・ベックのライブを思い出した。

最後のアンコールは今日の出演者が全員登場し演奏。
終了したのは22時10分過ぎぐらい。
内容たっぷりのライブだった。

【出演者】ピーター・バラカン
【出演アーティスト】
濱口祐自 / Sonny Landreth[Sonny Landreth(g)、Brian Brignac(ds)、Charles Wootn(b)] / ZabaDuo[Charles Wootn(b)、Rafa Pereira(pandeiro)]

スポンサーリンク
おすすめの記事