マリーナ・ショウ『フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ』
マリーナ・ショウ『フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ』
スポンサーリンク

マリーナ・ショウ(Marlena Shaw)の『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?(Who Is This Bitch, Anyway?)』」です。
リリースは1975年。
発売もとのレーベルがブルーノートなのでバリバリのジャズかと思いきや、ちょっと趣がちがいます。
ジャズっぽい、あるいはフュージョンっぽいソウルですね。
最初の3分ぐらいは歌がなく、結婚して別居状態の男がバーのカウンター(おそらく)で女を口説いている会話が延々と続くという凝ったつくりです。

このアルバムの5曲目「Feel Like Makin' Love」という曲が、すばらしい。
オリジナルはロバータ・フラックなんですが本作はギターが歌っているんですよ…。
もちろん、ボーカルのマリーナ・ショウは歌っていますけど、それと互角に渡り合う感じでギターも歌っているんです。
これほどギターが歌っている楽曲は、ちょっと思い浮かびません。
ギタリストは二人いては右のチャンネルがデヴィッド・T.ウォーカー、左のチャンネルがラリー・カールトンだそうです。
特にデヴィッド・T.ウォーカーのギターはハミングするように弾みながら歌ってます。

名盤です。
ジャズやフュージョン、ブラックミュージック好きの人は必携です。
ちなみに、このアルバムに入っている「You Taught Me How to Speak in Love」はサザンオール・スターズの「いとしのエリー」の元ネタといわれています。
確かに、ちょっと似てるんですよねぇ…。

トラックリスト

  1. You, Me and Ethel / Street Walking Woman - 6:20
  2. You Taught Me How to Speak in Love - 3:52
  3. Davy - 5:26
  4. Feel Like Makin' Love - 5:00
  5. The Lord Giveth and the Lord Taketh Away - 1:05
  6. You Been Away Too Long - 3:07
  7. You - 3:45
  8. Loving You Was Like a Party - 4:17
  9. A Prelude for Rose Marie - 1:56
  10. Rose Marie (Mon Cherie) - 4:19

パーソネル

  • Marlena Shaw - vocals
  • Benard Ighner - piano, flugelhorn, arranger
  • Mike Lang, Bill Mays - piano
  • Larry Nash - electric piano, synthesizer
  • Dennis Budimir, Larry Carlton, David T. Walker - guitar
  • Chuck Domanico - bass
  • Chuck Rainey - electric bass
  • Harvey Mason - drums, wind chimes
  • Jim Gordon - drums
  • King Errison - conga
  • Dale Oehler, Byron Olson - arranger

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事