最上川のほとりで見た夕景
スポンサーリンク
最上川のほとりで見た夕景:真下慶治記念美術館から見下ろす最上川:真下慶治記念美術館ジャズ・ミュージアム・ライブ

最上川のほとりで見た夕景

昼過ぎから村山市にある真下慶治記念美術館で行われたジャズ・ミュージアム・ライブに行ってきました。
一昨年の冬に行われたジャズ・ミュージアム・ライブはVino Musicaというグループ名でヴァイオリン、ピアノ、ベース、ドラムのカルテットでした。
今年の出演は駒込綾(ヴァイオリン)、大村武司(ピアノ)、斎藤淳夫(ベース)という方々。
前回と同じメンバーはヴァイオリンの女性のみです。
ピアノとベースは山形市のジャズクラブでも活躍しているプレーヤーで、山形のジャズ好きの間では有名人です。

開演は14時。
プログラムはモダンジャズのスタンダードを中心に、新しめのジャズやボサノバ、クラシックをジャズ風にアレンジしたものなどバラエティーに富んでいる。
20分ほどの休憩を挟み終了したのは16時ごろ。
前回のプログラムは初心者向けのスタンダードやクリスマスソングが多く、ジャズというよりはポピュラーコンサートといったニュアンスだったような記憶があります。
垣根の低いジャズライブであるのは変わりませんが、今回は昨年より、少しジャズコンサートっぽくなった気がします。

ライブが終わってから知人にお誘いを受け下の最上川のほとりで景色を堪能。
夕景が美しかった。

スポンサーリンク
おすすめの記事